看護師について

看護師とは?

病院やクリニックで患者さんにやさしく接するのが看護師です。

 

医療施設における看護師の役割としては、医師の指示のもとで患者さんにまつわるあらゆるサポートを行う職業です。入院生活において患者さんがいちばん頼りにしているのが看護師ではないでしょうか。日々の検診から食事にお世話にはじまり、薬を飲ませたり注射を打ったりして、病院での看護の中心となります。

 

患者さんともっとも接する時間が多い医療従事者であるとともに医師や看護助手のほか診療放射線技師や理学療法士、作業療法士など、病院で働くさまざまな医療職の人たちとの連携の中心ともなります。とくに医師と患者さんとをダイレクトに結ぶ存在として、医療チームを組み、病院スタッフが一丸となって治療に当たれるようにコーディネートも行います。

 

一般の人たちからすると『看護師』といえば一つに見えるでしょう。しかし、専門的にはいくつかの職種にわかれています。
看護師のなかでいちばん多いのが正看護師です、国からの与えられる国家資格となっている一方、准看護師は都道府県知事によって医師や正看護師からの指示を受けて看護業務を行います。
また、近年、その数が増えているのが認定看護師や専門看護師と呼ばれる上位資格です。正看護師の経歴を重ねて特定の看護ジャンルにおける必要な教育カリキュラムを終えた看護師を日本看護協会が特別に認定するものです。そして、専門看護師は日本看護協会が実施する特定看護分野の認定試験に合格したものを指します。

 

このように一口に看護師といってもいくつかの種類にわかれているのが現状です。とくに正看護師と准看護師の間には初任給段階からの給与や待遇に差が設けられていることが特徴です。さらに、将来的には准看護師の教育カリキュラムをなくそうとする方向で進められているため、やがては正看護師のみになる見込みとなっています。

 

もし、これから看護師を志望するのであればできるかぎり正看護師を目指しましょう。待遇面でも将来的にもそのほうが優位であり、認定看護師や専門看護師への上位資格も見定めることが可能です。

 

 

 

 


病気やケガを抱えて心身ともに辛い患者さんに対して、人間として献身的に奉仕をするのが看護師の何よりのやりがいであり魅力でしょう。

 

職業のなかでも人のために役立つものとして世の男性の憧れを集め、女性のなりたい職業にも挙げられる仕事です。看護師の仕事はまず医師の指導のもと、診察や治療が滞りなく進むようにサポートするとともに、患者さんの看護をはじめあらゆるお世話や手助けをしていきます。

 

看護の仕事に終わりはありません。自分の気づかいや工夫や看護に対する思いをとことん仕事にぶつけることができるでしょう。人のために少しでも役に立ちたい。奉仕の心で患者さんと接したいという人にはやりがいを感じる仕事です。

 

しかし、いのちを扱う医療現場にあって、ときには治療の甲斐もむなしく患者さんが亡くなってしまうこともあります。最初に自分の担当の患者さんを看取ったときに脱力感はなんとも言いがたいという感想をよく新人ナースが口にしますが、それでも前向きに看護の仕事を続けなければなりません。

 

そんなとき心の支えとなるのが患者さんが元気になって退院される姿を見たり、そのご家族から掛けられるあたたかな感謝の言葉だったりします。
なかでも産科で働くナースなら日々、新しいいのちが誕生する現場に立ち会うので、その素晴らしい体験は人生観をも変えてしまうことでしょう。

 

近年、看護師を目指す人が減っているともいわれています。看護業界においては看護師不足が慢性化しており、売り手市場である現状はしばらく続くことでしょう。病院では医師だけいても医療が成り立つことは難しく、看護師のサポートがあってこそ日本の医療が支えられています。そのサポートの一員になる看護師の仕事は不景気に左右されず転職や再就職も比較的容易なため、人生ステージにかかわらず仕事を続けることができます。

 

このように、一度、資格を取れば年を重ねても看護師としてやりがいを持って働くことができるのが看護師の魅力であり、患者さんの数に合わせた喜びを感じることができるでしょう。

続きを読む≫ 2013/07/20 20:23:20

ここではある大学病院に勤務する看護師の一日の流れを見てみましょう。

 

看護師の業務は患者さんの生命に直結しているため緊張の連続といえます。責任の大きな仕事ですのでつい難しい顔をしてしまうこともありますが、できるだけ患者さんに安心を与えるような笑顔を見せられるよう努めています。

 

 

6時 起床。看護師寮に住んでいてもこれぐらいの時間に起きなければ間に合わないかもしれません。早めに出勤することで一日の気持ちのゆとりが生まれます。

 

8時 出勤。ナースステーションに行き、まずは電子カルテをチェックします。患者さんの前日からの状態を確認したり、今日一日の予定を確かめます。入院患者さんの多くは点滴があるので点滴の薬剤調合などを済ませます。

 

8時半 朝礼カンファレンス。看護師長さんや日勤リーダーさんを中心に、前日の状況について報告を受けたり、今日の予定を全員の共有します。現在の看護現場はチーム医療が中心なので、スタッフ全員の連携を図るための申し送りや打ち合わせはとても重要です。
とくに、新人ナースや復帰ナースは、担当の看護師からこの朝礼において一日の看護のポイントやアドバイスを受けます。

 

9時 患者業務。血圧や体温を測定しながら患者さんの状態を把握します。朝は一連の業務で忙しいものの、患者さんとの会話が楽しみでもあります。

 

12時 昼休憩。交代で昼食を取ります。病棟にはナースステーションと別に休憩室が設けられていたり、職員食堂があるのでそこでお昼をとります。

 

13時 患者さんのケア業務。患者さんの体を拭いたり、お風呂の時間です。また注射や点滴の交換など忙しく動きまわります。

 

14時 カンファレンス。医師のほか医療従事者とともに看護師も参加しての全体会議です。患者さん一人ひとりの状況を共有して、今後の治療方針や看護を考えます。

 

16時 看護記録。勤務終了がちかづくこの時間に一日の看護日誌を記録して、夜勤のナースに情報を残します。

 

17時 勤務終了。ショッピングに出かけたりすることもありますが、看護師の勉強会に参加したり新しい看護知識を得るために自習することも多いようです。

続きを読む≫ 2013/07/20 20:22:20

女性の社会進出の象徴として最近とても顕著な傾向が出産後にも子育てを続けながら仕事をするケースが増えていることでしょう。
社会全体としてはもちろんこれまできつい職場として知られていた医療現場にあっても少しずつ勤務条件が改善されており出産休暇や育児休暇のほかワークライフバランスを考えたシフトが組まれるようになるなど、働きやすい病院を目指す職場が増えています。

 

とはいえ、家庭や子どもを抱えて女性が仕事も続けていくということはかなりの困難がともないます。とくに看護師はどこの職場も人手不足の傾向が強く、限られたスタッフが交代制でギリギリのシフトを回しているケースが多いことに加え、患者さんの様態が予測がつきにくく突発的な残業や時間外・休日出勤も発生するなど、とても変則的な勤務となりやすいことが考えられます。

 

たとえばそれは三交代制の入院病棟勤務であって昼勤だとしても同様です。朝一番で始められる夜勤者との引き継ぎや一日の業務を打ち合わせる早朝カンファレンスからスタートし、救急外来を持つ病院であれば手術や急患などについて通常業務と合わせて即座に対応しなければなりません。業務日誌や報告業務は勤務時間が終わってからとなることも多いのです。

 

もし出産後、育児をしながらとなると、子どもを保育園に通わせながら仕事をすることになるでしょう。その場合、早朝や夕方、そして時間外勤務も発生しやすいとなると看護師の仕事をしながら育児をすることはとても大変なことです。さらに、子どもが急病となればすぐに交代してもらえる人を探さなければなりませんし、場合によっては自分が休むほかないこともあるでしょう。

 

このような状況でも育児をしながら仕事をしてもらえる看護師を確保しようと大きな病院ほど24時間運営の院内保育園を整備していたり、育児中の看護師については短時間勤務を認めるなど、さまざまな待遇でもって人材確保を試みています。

 

結婚後の出産や育児に心配ないように、自分が就職を希望する病院がどのような福利厚生制度を設けているかしっかりとチェックしましょう。

 

続きを読む≫ 2013/07/20 20:20:20

ひところは『白衣の天使』として男性から圧倒的な人気を誇った看護師という職業ですが、現在でも男性のあこがれる女性の職業ランキング上位に入っています。

 

職業のイメージとして奉仕の精神で献身的に患者さんの面倒をみるという清らかなイメージがまず挙げられます。そして、職業としてはこの不景気にあっても求人が減ることはなく、むしろ需要が増加しているためいったん手に職を持てば安定した収入が得られるという魅力があります。共働きではなければ生活が苦しい世帯も多い中、妻が高収入の看護師であれば男性としても結婚相手として頼もしさも感じるはずです。

 

しかし、看護師は意外にも未婚率が高いことで知られています。あるアンケートによれば30代の看護師のおよそ半数が未婚者となっています。一般的には看護師というだけで憧れの存在として引く手あまたのような印象があります。
たしかに、合コンに参加する女性のなかでとても人気のある看護師。合コンメンバーに看護師が一人でもいるだけで集まりかたが大きくちがうといいます。

 

ただ、テレビドラマなどのイメージがあまりに良すぎるあまり、実際に合コンへの男性メンバーからは「話してみると思っていたのと違った」と落胆の声も聞かれるといいます。

 

どの職業でも職場結婚が少なからずありますが、病院でも医師や医療従事者のほか患者さんとの出会いもあるため結婚につながる出会いも考えられます。ただし、看護師の多くは夜勤や急患といったように不規則なワークスタイルのため、恋愛すること自体が大変なようです。

 

結婚を考える相手が登場した際、考えるべきことはそのまま看護師の仕事を続けるのかどうか、仕事を続けるとしてパートナーが理解してもらえるかどうか、などがポイントです。とくに入院病棟に勤務する看護師であれば、二交代制や夜勤もあれば、夫が一般的なサラリーマンとすると家庭の中で接点も少なくなるでしょうし、家事の分担の問題も出てきます。

 

看護師が女性の職業として大変激務であることを理解してもらうことが、よりよい結婚につながる第一歩といえるでしょう。

 

神奈川県内の看護師求人情報

 

続きを読む≫ 2013/07/20 20:17:20